オンラインショップ

Q&A
Q&A

アルガンオイルは、日中つけていて油焼けの心配はありませんか?
1970年代頃化粧品で油焼け被害が問題になったことがあります。
ですから、今でもオイル、油と聞くと「油焼け」を心配する方が多いのでしょう。
当時はオイルの精製技術がよくなくて、不純物が混入した石油系の鉱物油が使われていました。
質の悪いオイルを塗り紫外線に当たったために、シミなどの色素沈着を起こしたのです。
現在の鉱物油は精製技術が発達して、安全性の高いものになってます。
ディノイエでは、原料メーカーにおいて高い精製技術で精製され、安全性を確認するパッチテストも行っていますので、油焼けの心配はありません。
顔のスキンケアとして、どのように使ったらいいでしょうか?
アルガンオイルは、日中から安心してお使いいただます。
アルガンオイルは抗酸化作用の強いオイルなので、油焼けの心配もなく、日焼け止めクリームほどではありませんが、それだけでSPF5~9の紫外線防止効果があり、お気軽に日中でもデイリーのスキンケアとしてお使いいただけます。
ベタベタしませんか?
オイルと聞くとベとつく印象をお持ちの方が多いようですが、アルガンオイルはべとつかずお肌にスッと馴染む新感覚のオイルです。
アルガンオイルを脂性の肌に塗ったらよけいに脂性になりませんか?
脂性の原因の一つにうるおいの取り過ぎが考えられます。失われたうるおいを取り戻そうと過度に体内から皮脂の分泌が行われてしまう可能性もあります。
アルガンオイルには、この分泌を整える成分が入っているので、脂性の方にも、安心してお使いいただけます。
Contact